アップルカイロプラクティック

拠点の長野市で交通事故治療に尽力しながら事故による腰痛や頭痛にしっかり対応

お問い合わせはこちら

交通事故×ブログ

交通事故にあった時の対処2

2022/05/31

交通事故にあった時の対処2

自賠責保険の適用

引き続き交通事故にあった時の対処2です。

前回、警察に連絡して事故証明を作っていただきました。

現場検証が終わり次にすることは、

 

交通事故によってケガをしたところを病院又は整形外科で診てもらうです。

これは、被害者も、加害者も一緒です。

交通事故によって負ったケガはすべて自賠責保険を使い、

治療を受けることができます。

被害者は加害者の加入している自賠責保険を、

加害者は被害者の加入している自賠責保険を使い治療を受ける事が可能です。

ただし、加害者側が自賠責保険を使えるのは

過失割合が7割以下の場合なのでご注意ください。

 

さて、病院や整形外科へ行き、症状を診てもらうのですが、

ここで注意すべきことは、痛いところを全て伝えるということです。

 

交通事故のケガは数日後に痛みが出てくることも多いですが、

診断後の痛みは交通事故が原因だと診断してもらえないこともありますので

違和感がある、動かすずらくなったが痛みがないからと我慢せず、

すべて伝え、診てもらいましょう。

あとはお医者さんがレントゲンなどで確認し診断してくれると思います。

 

検査後に診断書を作ってもらい警察に提出になります。

交通事故のケガをそのまま放置しては絶対にいけません。
痛みが重症化する前に必ず病院や整形外科を受診することをお勧めします。
次回は交通事故にあった時の対処3となります。
ぜひ、お付き合いください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。